結城浩のお話

2016年07月10日(日)  List  Edit  New

ふわふわ浮かぶアイディアをどうテキストに落とすか

アイディア、キーフレーズ、参考書の情報…最後にテキストをつくる際の情報は雑多である。

定型化されていたらまだいい。それを写したり(権利に注意)、リンクを保存する。たぶんブクマやEvernoteに。

自分の脳内のことなら、自分で定型化する必要がある。

「ポケット一つ原則」は超整理法だったっけ。

集める時には取捨選択をしすぎないように。でも程度問題ではある。インターネットのすべてを自分のEvernoteに入れるのは愚かだろう。

後でなくなりそうか、後で探せなさそうか、を基準にするのは一法である。テキストでもスクリーンショットしておいたほうが、後で探しやすかったりする(意外にも)。

以上は『数学文章作法 執筆編』のネタとなる。


 このお話をTwitterでシェアする

結城浩(ゆうき・ひろし) @hyuki

『数学ガール』作者。 結城メルマガWeb連載を毎週書いてます。 文章書きとプログラミングが好きなクリスチャン。2014年日本数学会出版賞受賞。

Home Twitter Mastodon 結城メルマガ